看護師 病棟 辞めたい 転職 透析

【今の病棟勤務を辞めたい!】透析へ転職する際の注意点

病棟勤務を辞めたいと考える看護師の転職先として人気が高いのが、透析室での仕事です。ここでは、来院した患者さんに、バイタルチェックを行い、針を刺して透析を行います。作業としては献血のようなイメージですが、圧倒的に違うのは同じ患者さんが定期的に訪れるということ。患者さんの中には何年、何十年と通っている人もいるため、看護師よりもベテランで、軽口を言ったりからかったりして来る人も少なくありません。そのため、看護師としても、そうした会話を上手く流すようなコミュニケーション能力が必要になります。時間のかかる透析に定期的に通うのは患者さんにとってもストレスですから、中には意地悪をいう人もいるので、そういったことにいちいち傷ついたり落ち込んだりしているようでは務まりません。

 

一方、作業自体はそれほど難しいものではないので、病棟勤務の経験がある人であれば、すぐに覚えることができるでしょう。当然ですが、どちらかというと穿刺の苦手でない人のほうが、働きやすいと思います。とはいっても、穿刺は慣れの部分も大きいので、しばらく透析室などで働いていれば、嫌でも慣れる仕事です。昼間のみの業務なので、夜勤がないというのもメリットでしょう。ただし、それだけに透析の仕事は離職率も低く、求人の数自体が少ないのも確かです。希望する場合は、こまめに転職サイトをチェックしたり、転職支援サービスを利用して非公開求人の情報を求めるようにしましょう。