看護師 病棟 辞めたい 転職 介護 老人 福祉

【今の病棟勤務を辞めたい!】介護・老人・福祉施設へ転職する際の注意点

病棟勤務を辞めたいという看護師は、転職先として老人福祉施設を選ぶこともあるでしょう。この場合には、当然病棟で入院患者のケアをするのとは全く違った働き方が求められます。老人福祉施設などで看護師が行うのは、朝起きてすぐや入浴前のバイタルチェックと、それに伴う健康面の判断、さらに薬を飲ませたり塗り薬を塗ったりという、簡単な介護業務です。基本的には夜勤がなかったり、患者の急変が少ないなど働きやすい職場になりますが、注意すべき点もいくつかあります。

 

まず、看護師一人で多くのお年寄りの健康チェックをする必要がありますから、手際よくケアを行うことは大切になります。バイタルチェックが遅れると、その後の予定がずれこんで、介護士に迷惑がかかることになりかねません。また、こういった施設では、介護士数人と看護師が協力してケアを行うことになるのですが、やはり一人だけ違う業務を行うために、人間関係が難しくなることもよくあります。介護士の介護業務を手伝うことも必要ですが、看護師の業務に支障が出るほどは出来ませんし、かといってあまり手伝わないと険悪な雰囲気になったりと、その兼ね合いが難しいということはあるでしょう。やるべき仕事はいくらでもあるので、毎日バタバタしている間に過ぎていくというのも確かですが、入居者とのふれあいを持つ時間も多いので、そうしたところにやりがいを感じるという人は多いです。医療行為に追われてなかなか患者さんとのふれあいができないことを悩んでいる方には、適している職場だと言えるのではないでしょうか。