看護師 病棟 辞めたい 転職 オペ室

【今の病棟勤務を辞めたい!】オペ室(手術室)へ転職する際の注意点

病棟勤務を辞めたいという看護師の中には、オペ室への転職を希望する人もいます。オペ室は手術室のことですが、確かに病棟とは全く違う仕事になりますので、病棟での仕事が一通りできるようになって、別の仕事もできるようになりたいという人には良いでしょう。

 

もちろん看護師というのはどこでもそういった特徴はあるのですが、オペ室勤務の場合は特に細かいことまできっちり行うということが求められます。たとえば、手術前や手術中には手や器具を徹底して清潔状態に保つことが必要であり、そのためには手を両脇に下すことも許されません。ちょっとした気の緩みで不潔になると、術後の感染につながり、患者さんの命に関わるためです。

 

オペ室の仕事と言うと、医師に器具を手渡すイメージを持つ人が多く、実際それも行うのですが、患者の状態をモニターするさまざまな機械などをセッティングして、手術中にそういった機械や患者さんの状態に気を配り、手術がスムーズに行われるように配慮するのも看護師の役割。難しいのは、こうしたオペ室の仕事は病院や手術の内容によってかなり違うのもあって、学校で習うことが少ないということです。そのため、ある程度病棟で経験がある看護師でも初めてという業務が多くなります。とはいえ、それはどこの病院でも同じことですから、ほとんどの病院では初めて手術室で働く看護師のために先輩がマンツーマンで指導するなど、しっかりとした教育が行われるので、実際はそれほど心配することはありません。病棟での経験も役に立つ仕事なので、ぜひ積極的にチャレンジしてみましょう。