病棟勤務を辞めたい看護師が考えないといけないこと

入院患者の看護や投薬管理、バイタルチェックなどを行う病棟勤務を辞めたいと思った時には、まずいくつかのことをよく考えてみましょう。慢性的な看護師不足が問題になっているだけあって、看護師は比較的転職しやすい職種です。簡単に辞めてしまう前に良く考えて転職先を探さないと、結局次のところも辞めてしまって、病院を転々とすることになりかねません。

 

まず、辞めたい理由についてですが、看護師そのものが嫌なのか、病棟勤務が嫌なのか、その職場が嫌なのかと言うことです。女性の多い職場ですから、人間関係で上手くいかないこともありますし、それで辞める人も少なくありませんが、仕事の内容が嫌と言うわけでなければ、他の病院に病棟勤務として転職することも可能です。仕事の内容そのものが嫌な場合は、外来のみのクリニックや訪問看護など、今と違った働き方をすることで働きやすくなることもあるでしょう。

 

しかし病棟での業務は、看護師の基本となる仕事が多いので、ある程度は経験して身に着けておくことも大切です。それなりの経験を積んでおけば、将来どこに転職してもスムーズに仕事が出来ることが多くなります。やりたい仕事があるのならなおさら、看護師としての基本を身に着けておくことは必要でしょう。また、どこで働くにしても、転職するというのはエネルギーを使うものですから、今の職場で何かを工夫したり改善することで働きやすくなる可能性はないかということも、検討してみることです。それでも辞めたい場合には、辞めて次の勤務先を探すのがいいかもしれません。

病棟勤務を辞めたいときの転職先・求人探しのコツ

病棟看護師を辞めたいと思ったら、どのようにして次の勤務先を探せばよいのでしょうか。スムーズに転職を行い、次こそは長く働ける職場を見つけるためにも、行き当たりばったりで行動するのではなく、計画的に行うことが大切です。

 

まずは、すぐに辞めてしまわずに、働きながら求人情報をチェックするなどして、できるだけ転職活動を進めておくことが大切です。看護師は比較的就職しやすい職種ですが、だからと言ってすぐに次の勤務先が決まるかどうかはわかりません。求人が多いとはいえ、勤務地や勤務時間、働き方や給与などの条件面で絞っていくと、ある程度候補は限定されますし、必ずしもそこに雇ってもらえるとは限りません。簡単に辞めてしまったものの、次の仕事が決まらずブランクができるのは辛いので、できるだけ次の働き口を決めてから辞めるようにするべきです。本当に自分がやりたい看護がどのようなものかを見つめなおすことも必要でしょう。

 

また、転職活動といっても、何をどうすればよいのかわからないという人もいるでしょうし、じっくり活動している時間がないという人もいます。そんな時に役立つのが、転職支援サービスです。サービス内容は企業によって違いますが、担当者がついて希望に合った求人を紹介してくれたり、紹介先の病院に待遇や配属などの交渉も行ってくれたりします。こうしたサービスを行う企業や担当者は、看護師転職のプロですので、さまざまな相談に乗ってもらえるため、安心して活動を進めることができるでしょう。