看護師 病棟 辞めたい

病棟勤務を辞めたい看護師が、最初に考えないといけないこと

考える看護師

入院患者の看護や投薬管理、バイタルチェックなど寄り添う看護ができること自体に不満はないけれど、病棟勤務を辞めたい(ほかの業務を経験してみたい)、あるいは、今の職場(病棟)を辞めたいと思った時には、まず、3つのことを考える必要があります。

なぜ、辞めたい?

慢性的な看護師不足が問題になっているのはご存知の通りで、看護師は比較的転職しやすい職種です。しかし、簡単に辞めてしまう前によく考えて転職先を探さないと、結局次のところもすぐに辞めたくなり、病院を転々とすることにもなりかねません。
まず、辞めたい理由について自分と向き合ってよく考えましょう。

  • 看護師そのものが嫌?
  • 病棟勤務(業務内容)がつらい?
  • 今の職場(病棟)を辞めたい?

以上のことを自分の中ではっきりさせておかないと次の一歩が踏み出せなかったり、次の選択をミスしてしまうことにもつながります。
ほかの病院への転職ではなく、現在の病院内異動で悩みを改善できることもありますので、「自分は何を重視しているのか」は意識しておく必要があります。

ため息をつく看護師

悩みすぎるのは体に良くない

女性の多い職場ですから、人間関係が上手くいかず、それで辞める同僚を多く見てきた方もいるでしょう。
ただ、看護師という職業がすばらしいのは「働き方を工夫できる」ところ。
仕事の内容が嫌というわけでなければ、他の病院に病棟勤務として転職することが可能ですし、仕事の内容そのものが嫌な場合は、外来のみのクリニックや訪問看護など、今と違った働き方をすることで環境を変えることもできます。

病棟勤務で基本は身に付けよう

新人看護師の方に言いたいのは、病棟での業務は、看護師の基本となる仕事が多いので、数年は頑張って最低限の能力は身に付けておかないと将来の選択肢は狭くなりますよということ。
一定の経験を積んでおけば、将来どこに転職してもスムーズに仕事を覚えていけます。やりたい仕事があるのならなおさら、看護師としての基本を身に着けておくことは絶対です。
また、どこで働くにしても、転職にはエネルギーを使います。勢いで辞めてしまう前に、今の職場で何かを工夫したり改善することで働きやすくなる可能性はないかということも、しっかり検討してみるのが大切ですね。
それでも辞めたい気持ちが揺らがなかったら、早めに次の行動に移してしまいましょう!

現状を変えるサポートをしてくれる転職支援サービス

転職サイト1
ナースではたらこって?

「病棟から別の担当業務へ転職したい」「今の職場の○○が耐えられなくて転職したい」などの細かい要望に対応してくれるのが、ナースではたらこの魅力♪希望に近い求人や病院情報を見つけるべく、頑張ってくれます。自分が重視することや転職理由をはっきりさせたうえで積極的に利用してみましょう。

特徴 日本全国対応(地域別の担当制)
評価 評価4
登録&利用料 無料
転職サイト2
ナース人材バンクの特徴

看護師専門転職支援サービスとしての歴史の長さと取扱い求人の多さが魅力です。

特徴 全国対応
評価 評価3
登録&利用料 無料
転職サイト3
看護のお仕事の特徴

比較的新しくスタートした人材紹介サービスですが、ここ最近で利用満足度をぐんぐん伸ばしています。

特徴 全国対応
評価 評価3
登録&利用料 無料

病棟勤務を辞めたいときの転職先・求人探しのコツ

病棟看護師を辞めたいと思ったら、どのようにして次の勤務先を探せばよいのでしょうか。スムーズに転職を行い、次こそは長く働ける職場を見つけるためにも、行き当たりばったりで行動するのではなく、計画的に行うことが大切です。

 

まずは、すぐに辞めてしまわずに、働きながら求人情報をチェックするなどして、できるだけ転職活動を進めておくことが大切です。看護師は比較的就職しやすい職種ですが、だからと言ってすぐに次の勤務先が決まるかどうかはわかりません。求人が多いとはいえ、勤務地や勤務時間、働き方や給与などの条件面で絞っていくと、ある程度候補は限定されますし、必ずしもそこに雇ってもらえるとは限りません。簡単に辞めてしまったものの、次の仕事が決まらずブランクができるのは辛いので、できるだけ次の働き口を決めてから辞めるようにするべきです。本当に自分がやりたい看護がどのようなものかを見つめなおすことも必要でしょう。

 

また、転職活動といっても、何をどうすればよいのかわからないという人もいるでしょうし、じっくり活動している時間がないという人もいます。そんな時に役立つのが、転職支援サービスです。サービス内容は企業によって違いますが、担当者がついて希望に合った求人を紹介してくれたり、紹介先の病院に待遇や配属などの交渉も行ってくれたりします。こうしたサービスを行う企業や担当者は、看護師転職のプロですので、さまざまな相談に乗ってもらえるため、安心して活動を進めることができるでしょう。