看護師 病棟 辞めたい 転職 訪問看護

【今の病棟勤務を辞めたい!】訪問看護へ転職する際の注意点

看護師が病棟勤務を辞めたいという理由が、忙しくて患者さんの話をゆっくり聞く時間がとれない、ひとりひとりに時間をかけたケアができていないのが悩みだというのならば、訪問看護に転職するといのも一つの方法です。これは、自宅療養を行う患者さんの家を定期的に訪問して、病状の経過管理や体調のチェック、生活面の補助、指導などを行う業務になります。病院から派遣されるのではなく、訪問看護ステーションなどに就職して、そこから割り当てられた患者さん宅を回るのが基本です。

 

訪問看護の場合は、ひとりで担当の患者さん宅を回り、看護業務を行うため、いつでも先輩や医師に相談できる環境ではありません。もちろんステーションには先輩看護師もいますし、何かあれば医師に連絡も可能なのですが、その場の対応は自分が行う必要があるので、病棟看護師の経験があるということはかなりのメリットになります。最近では看護師不足が進んでいることもあって、実務経験がない新卒を採用してOJTを施した上で訪問介護をする場合もありますが、やはり経験はあるに越したことはありません。

 

訪問看護は基本的に夜勤がないため、病棟勤務をしていた人が、結婚、出産などライフスタイルの変化に合わせて訪問看護に転職するというケースはよくあります。また、患者のケアだけでなく、在宅ケアを行う家族にも心を配ることも大切。自宅で病人の世話をするというのは、かなり大変ですので、その家族をケアすることも看護師の重要な役割になります。