看護師 病棟 辞めたい 転職 クリニック

【今の病棟勤務を辞めたい!】クリニックへ転職する際の注意点

病棟勤務を辞めたいという看護師の転職先としては、クリニックも候補に挙がります。クリニックとは、いわゆる診療所と同じ意味ですが、病院との違いは入院施設がないか、入院可能でもベッド数が19床以下というところです。日本では入院施設がなくて外来のみの場合が多いので、クリニックに勤務するということは、夜勤がないということになり、それをメリットに感じて転職する人も少なくありません。

 

ただし、夜勤がないということは、一日の終わりにその日の片づけや次の日の準備などで残業がある可能性があります。たとえば、2交代、3交代の勤務であれば、日勤の終了時刻には必ず次の勤務の人が来て交代するので、残業と言うことはほとんどありませんが、交代制でない場合は逆に残業することがあるということは覚えておきましょう。

 

また、クリニックや診療所の場合は規模の小さいところが多く、人数が少ないことで逆に人間関係が難しい場合もあります。さらに、大病院のように事務作業専門のスタッフがいるわけではないので、カルテの整理や事務処理、掃除などの看護業務以外のことも、すべて看護師に任されることも少なくありませんし、その方法も診療所によって独特のやり方があったりと、面倒なことも多々あります。逆に、居心地の良い職場であれば、とても快適に働くことができるので、いかに自分にあったクリニックを探すかが重要になってくるのです。この場合は、転職支援サービスなどを積極的に利用して、担当者に相談しながら進めていくのがよいでしょう。